記事一覧

オリンピックの漕艇選手が好きな腕時計おすすめブランドおすすめ

「タグホイヤー」は160年以上の歴史を誇るスイスの高級ウォッチブランド。F1の公式ウォッチに採用されるなど、モータースポーツの発展に貢献していることでも有名です。

ビジネス腕時計においても「モナコ」「カレラ」など、モータースポーツに関連したモデルが人気。タグホイヤー 時計 メンズ 人気ビジネスシーンでもおしゃれを楽しみたい方におすすめのブランドです。

タグホイヤー(TAG HEUER) モナコ WAW131A.FC6177

スタイリッシュなスクエアケースを採用した、同ブランドの人気モデルです。ムーブメントはクォーツ式。3時位置には日付表示、6時位置にはスクエア型のスモールセコンドを備えています。

革バンドに上質なアリゲーターレザーを採用しているのも注目ポイント。ケースのシルバーカラーと革バンドのブラックのコントラストが、高級感をさらに引き立てています。

防水性能は100m防水。普段のスーツスタイルにほどよいアクセントを加えられる、おすすめのビジネス腕時計です。

タグホイヤー(TAG HEUER) カレラ WAR211C.BA0782

バーインデックスとグレーの文字盤を組み合わせた大人っぽいデザインが魅力のビジネス腕時計です。タグホイヤー コピーケース幅は幅広い体格の方と相性のよい39mm。ムーブメントは自動巻きで、連続稼働時間は約38時間です。

スチール製のケース・バンドはサテンとポリッシュ加工を組み合わせて仕上げられており、落ち着いた雰囲気を醸し出しています。12時位置にあしらわれたタグホイヤーのブランドロゴもおしゃれ。ビジネスシーンでもさり気なく個性を出したい方におすすめの腕時計です。

オリンピックの三人のバスケットボール選手が好きな腕時計おすすめです。


SBDB031。

お値段の方は、638,000円。

プロスペックスLXラインシリーズの「空」をイメージするモデルということで、GMT機能を備えております。

確かに、ロレックスのGMTマスターにも似ているような、似ていないような。

黒と青に色分けされたベゼルがかっこいいけど、ロレックスは人とかぶるし、国産ブランドの時計が好きだし・・・なんて方にはぴったりの1本ですね。

こちらのモデルもスプリングドライブ搭載ということで、ケースの作りやブレスレットの細部に至るまで、かなり高級感がありますね。


SBDX013。

お値段の方は、385,000円。

こちらは、プロスペックス、マリーンスターシリーズ。

ラグをもたない、独特なラウンドケース形状が人気の本格的なダイバーズウォッチですね。

1,000m防水ということで、オーデマピゲ 時計修理プロのダイバー用ではありますが、本物を手にする満足感はまさに男のロマン。

どことなく、クラシカルな雰囲気の漂うデザインは、ファッションとして着けるにもなかなか面白い時計だと思います。

ただ、ケースサイズは52.4mmもあるということで、やはり、アウトドアなどの野外活動などで活躍しそうですね。

月々約5,000円で買える本格高級時計


Ref. WAZ1010.BA0842
価格:¥110,000(税込)
駆動方式:クオーツ

続いてはよりスポーティーなデザインのフォーミュラー1 200m Ref. WAZ1010.BA0842。クオーツタイプでお値段は随分リーズナブル。とは言え防水は本格仕様の200m防水。 ベゼル は味のある アルミニウム 素材となっています。

お支払いシミュレーション
価格:¥110,000(税込)
頭金:0円
お支払い回数:24回
ボーナス併用:無し
月々のお支払い金額:4,500円
初回お支払い金額:6,500円


Ref. 210.30.42.20.01.001
価格:¥450,000(税込)
駆動方式:機械式(自動巻き)

ダイバーズウォッチの代名詞と言っても過言ではないオメガのシーマスター。こちらは海を思わせるオーシャンウェーブが特徴的なRef. 210.30.42.20.01.001。防水性能は300m、15,000ガウスの超高耐磁性能と申し分ないスペック。

お支払いシミュレーション
価格:¥450,000(税込)
頭金:30,000円
お支払い回数:48回
ボーナス加算額:20,000円(6月・12月)
ボーナス月支払い額:25,400円
月々のお支払い金額:5,400円
初回お支払い金額:6,200円


シーマスター プロフェッショナル300 コーアクシャル マスター クロノメーター Ref.210.30.42.20.01.001

“究極の時計”の意を込められてネーミングされたブランド名の如く、時計史における確固たる地位を確立しているオメガ。もちろんその知名度・人気も抜群です。今回ご紹介する中ではややお値段が張りますが、これぞ高級時計!といったブランドを身に着けたい方には一番オススメの選択肢です。

【関連記事】:一番買う価値があるのものはここにある

オリンピックのハンドボール選手が好きな腕時計です。


宝飾のイメージが強い『カルティエ』ですが、実は世界初のメンズ腕時計を生み出したといわれる腕時計と縁の深いブランドです。この「ドライブ ドゥ カルティエ」は2016年に誕生した新しいモデルで、柔らかみのあるエレガントなクッション型ケースが特徴。カルティエ 時計 電池交換文字盤中央のうねったギョーシェも非常に手が込んでおり、メゾンブランドにふさわしい高級感ある仕上げです。とはいえ、ステンレスケースの光沢あるシルバーにより過度にドレス方面に寄らず、30代でも十分着けこなせるテイストを持ち合わせています。また、『カルティエ』は性別年代を問わず非常に知名度が高いため、時計に詳しい人しか知らないブランドを着けるより、万人から信頼を得やすいというメリットがあります。


高級時計の王様『ロレックス』は40代でもハズせません。ドレスモデル「デイトジャスト」は5連のいわゆる「ジュビリーブレス」とゴールドとのコンビで、ラグジュアリー感は抜群。少し若々しさを取り入れたい場合は、こちらのようにアラビアインデックスモデルをチョイスすると良いでしょう。ロレックススーパーコピー品格はキープしながら、スポーティなテイストが加わり、フォーマル感が強いバーインデックスやローマンインデックスモデルよりもアクティブな印象になります。


スイスの超名門『ジャガー・ルクルト』の代表作といえば、縦長のレクタンギュラーケースを持ち、ポロ競技中文字盤を保護するために反転文字盤を備える「レベルソ」。アールデコ調の優美なこのシリーズは3針のシンプルなモデルもありますが、月齢を表示できるムーンフェイズ付きならよりグレード感をアップできます。このクラシックな意匠は、なかなか若年層では使いこなすのが難しいもの。40代を超えたらぜひ試してみたいギミックです。

父の日オリンピックの卓球選手が父の腕時計を贈る

オメガといえば、まず最初に思い浮かべるのはスピードマスターだろう。その頃(1940年代)のオメガは、トゥールビヨンが時計愛好家を楽しませるための視覚的なエンターテイメントではなく、より優れた精度を生み出すための実験の最先端にあった時代に、第一世代のトゥールビヨンウォッチを製造していた。オメガの第一世代のトゥールビヨン・ウォッチは、事実上、販売されたりオークションに出品されたりすることはなかったが、2017年にフィリップスで開催されたオークションでは、142万8500スイスフラン(約1.6億円)という息を呑むような金額で落札されている。


オメガ トゥールビヨン・ウォッチ、1947年。

 1940年代に製造されたトゥールビヨン・ウォッチは、Cal.30 Iを搭載しており、販売用に製造されたのではなく、天文台コンクールに出品するためのものだった。トゥールビヨンとしては珍しい7分半に1度回転するもので、当時としては最先端の精度を追求する最後の手段となっていた。

 本作は、デ・ヴィル センタートゥールビヨンの最新バージョンであるだけでなく、マスター クロノメーター認定を受けたオメガ初のトゥールビヨン搭載モデルでもあり、少なくとも1万5000ガウスの磁場に耐えることができる。最新のデ・ヴィル センタートゥールビヨンは、3日間のパワーリザーブとコーアクシャル脱進機を備えている。

 1994年、オメガが初めて「デ・ヴィル」シリーズに採用したセンタートゥールビヨンは、スイス最大級かつ最も重要な時計メーカーの一つであるオメガにとって、驚くべき成果であると同時に、目的を示すものでもあった。IWCのレディースクォーツ危機から立ち直ったオメガは、ムーブメント製造における社内の専門知識の多くを失っていたものの、オメガはこの分野で再び差別化を図ることを決意していた。1994年に発表された「デ・ヴィル センタートゥールビヨン」は、オメガの時計製造における卓越した技術力を、過去と同様に未来へのテーマとするという決意を示している。


オリジナルのデ・ヴィル センタートゥールビヨン Cal.1170の1994年モデル。2018年にクリスティーズ香港に登場した。

 初代デ・ヴィル センタートゥールビヨンは、その名の通り、そして文字盤をご覧いただければお分かりのとおり、トゥールビヨンをムーブメントの中心に配置した時計である。このプロジェクトは1991年に始まり、2007年にPuristsPro.comに掲載された非常に詳細な記事によると、オメガのモリッツ・グリム氏(Moritz Grimm)とアンドレ・ベイナー氏(André Beyner)によってプロジェクト33(P33)と名付けられた(記事の中で言及された興味深いトリビアは、ベイナー氏は1927年の生まれ年に始まった特別なプロジェクトに、奇数の数字を与えたこと。P33は彼の4番目のプロジェクトだ)。1994年のオメガ創立100周年に間に合うように、チームはわずか3年でこの時計を作り上げた。

ADVERTISEMENT
 技術的な最大の課題は、通常、時計の針はムーブメントの中心にある軸に取り付けられるのが一般的だが、中央のトゥールビヨンの位置がこれを不可能にしたのだ。しかし、1つの解決策が見つかった。2枚のサファイアディスクに時分表示を取り付け、ベゼルの下にある歯車でその周辺を駆動させるというもの(カルティエのミステリークロックと似たような解決策である)。 


【関連記事】​​​​​​​: 最新の人気腕時計情報

オリンピック卓球選手が好きな腕時計

たくさんの種類のカラーから選んで贈りたい方におすすめなのが、サルバトーレマーラのソーラー電波腕時計です。お気に入りの一品をみつけることができます。

日本2か所の局の電波を受信でき、ほぼ日本全国をカバーできるソーラー電波腕時計で、人気のクロノグラフモデルです。インデックスにはバーとローマ数字がバランスよく配置され、ケースにはアラビア数字で分単位が刻まれるなど洗練されたデザインも人気があります。

全体的にシックで力強い印象のアイテムなので、男らしさを演出します。また、専用ボックスがついてくるので、ギフトにぴったりのアイテムです。


大手通販サイトの腕時計ランキングで、常に上位に名前があるブランドがフランテンプスです。こちらの定番モデル「ガヴァルニ」は、撥水性に優れたラバー製ベルトを使用しています。

フランテンプスの一番の特徴は、高品質なのにリーズナブルな価格で購入できる点です。ガヴァルニも、クロノグラフと10気圧防水という便利さながら10,000円以下という価格で人気を集めています。

また、立体的な文字盤のデザインがおしゃれで、カラーが4色から選べるのも魅力です。アウトドアやスポーツをする方だけでなく、学生の方や新社会人となる男性へのプレゼントにもおすすめします。

【関連ブランド】:ウブロの新品腕時計

天使と蝶の羽が動き出す、オートマタの伝道師ジャケ・ドローの芸術時計


ダイヤルのベースには、ブラック・マザー・オブ・パールを用いた。限定28本。ケースサイズ:43㎜ ケースの厚さ:16.63㎜ ケース素材:18KWG ストラップ:アリゲーター 巻き上げ:自動巻き+手巻き 搭載キャリバー:Cal.Jaquet Droz 2653 AT1 防水性能:3気圧 振動数:毎時2万8800振動 パワーリザーブ:約68時間 ムーブメントのパーツ数:424 石数:57石 ムーブメントの直径:32㎜ ムーブメントの厚さ:6.15㎜
価格:1370万円
問:ジャケ・ドロー ブティック銀座
TEL:03-6254-7288

ダイヤルをステージとしたファンタジックなショー
ブランド名は、18~19世紀に活躍した偉大な時計師に由来する。彼は時計だけではなく、オートマタの優れた作り手であった。現在のジャケ・ドローの本社には、18~19世紀に作られたアンティークの修復工房があり、その技術を驚くほど小型化し、様々なオートマタ搭載の腕時計を製作してきた。本作も、その1つだ。

時計師ジャケ・ドローが製作した中で、最高傑作と謳われるのは、人形が鉛筆を持ち、様々な絵を紙の上に描き、埃を吹くオートマタ。ブライトリング 時計その人形が描く絵の中には、天使が乗るチャリオット(牽き車)を蝶が牽く、実にファンタジックな1枚があった。現代のジャケ・ドローは、その絵をオートマタに仕立て上げ、腕時計のダイヤルに再現してみせた。

リューズと同軸のボタンを押すと、ショーが始まる。蝶が羽ばたき、チャリオットの車輪が回転するのだ。その精巧な動きは、見る人すべてを魅了する。

天使とチャリオット、蝶はどれもゴールド製。40個ほどのパーツから成り、すべてが手作業による彫金で形作られている。蝶の触角の直径は、わずか0.2㎜ほど。いかに繊細に作られているか、想像できるだろう。オートマタとして機能する2枚の羽根は極めて薄くて軽く作られ、最低90秒間動き約225回もの羽ばたきを可能にする。

もう1つのオートマタであるチャリオットの車輪は、固定式と可動式のホイールを重ねることで、軽やかに回る様子を表現しているのも、巧みである。

天使が遊ぶ森を表現した、ダイヤル左右の木々も、0.2㎜厚のゴールドを手彫金して作られている。すべてのモニュメントは、様々な仕上げを組み合わせ、リアルな質感を湛える、まさに工芸品。その下に潜むオートマタのモジュールは、リューズで巻き上げる専用香箱と、蝶の羽ばたきや車輪の回転を一定のリズムに保つ調速機が備わる。精密なメカニズムが、2世紀前のオートマタが描いた絵を、腕時計のダイヤルに再現し、動かす。

【関連記事】:上品にまとまったクラシックな腕時計