記事一覧

パルミジャーニ・フルリエから、ミシェル・パルミジャーニ 70歳の誕生日と彼の功績を祝して「 トリック ヘリテージ」 世界70本限定モデルが発売

時計師・修復師のミシェル・パルミジャーニは、2021年に70歳を迎えます。先人が培ってきた技術の保全と新しい世代の時計師への継承から、スイス・ジュラの町フルリエの歴史的なウォッチメイキングの伝統を復活させることまで、現代の時計学へ影響を与えた献身の生涯を振り返ります。カルティエ 時計 アンティークミシェル・パルミジャーニが1996 年に設立したメゾン、パルミジャーニ・フルリエは、彼が初めて設計した腕時計のDNA を受け継ぐ限定版の時計『トリック ヘリテージ』の誕生をもって、このマイルストーンの記念とします。


ミシェル・パルミジャーニ1950 年にスイスのヌーシャテル州に生まれたミシェル・パルミジャーニは、技術と芸術性を組み合わせたふたつの分野、時計製造学と建築の両方に熱心に取り組んで育ちました。最終的に、若きミシェルがキャリアとして選んだのは時計学でした。ヴァル・ド・トラヴェールにあるラ・ショー・ド・フォン テクニカムという時計学校で、技術を学び、スキルを磨いた後、実力の高い時計職人だけに認められた時計の修復の道へ進みました。



●1967 年:時計学を勉強して4 年目のミシェル・パルミジャーニ


“時計作品を修復することは稀にしかない幸福です。時や人間の悪弊から作品を解放するということは、私たちの記憶に必要な、移ろいやすい真実の中に、その作品をよみがえらせるということなのです。


1976 年、時計業界のクォーツ危機が本格化し、ミシェル・パルミジャーニの愛する機械式時計は歴史に埋まってしまうかと思われるほどまでに切迫しました。ところが、時代の潮流など気にしない性格の彼は、アジアから押し寄せる安価な電池式時計の波に逆らい、自身の修復アトリエを設立。その後、この大胆な行動は、高級時計関連のクライアントのエリートリストとして実を結び、パテック フィリップ博物館にある貴重な作品や、ブレゲのシンパティッククロックのような伝説的な作品を修復するなど、もっとも困難な仕事の修復師としての名声を築きました。


【関連記事】:大人っぽくモダンなコーデ

コメント一覧

バレンシアガ専門店 URL 2021年12月22日(水)16時08分 編集・削除

フランスの老舗シューズブランド「バレンシアガ」が、京都の鞄専門店「一澤信三郎帆布」とコラボレーションした鞄を受注販売する。

なデザインが多く URL 2021年12月23日(木)11時29分 編集・削除

使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするメディアサイトです。

大人っぽくモダンなコーデ URL 2021年12月23日(木)18時18分 編集・削除

( ファッション)の最旬トピックスなど流の楽しみ方でお届けします。